カバライボカグヤ

 

 

 

カバルドンゴツゴツメット

215-132-187-*-93-67

地震/欠伸/守る/怠ける

 

ライボルトライボルトナイト

145-*-100-187-101-205

10万ボルト/めざめるパワー氷/オーバーヒート/ボルトチェンジ

 

テッカグヤ@食べ残し

203-*-124-128-168-82

火炎放射/毒々/宿り木の種/守る

 

カプ・レヒレ@水Z

146-*-135-161-150-137

波乗り/ムーンフォース/瞑想/挑発

 

ミミッキュ@ゴーストZ

131-156-100-*-125-148

シャドークロー/呪い/鬼火/挑発

 

バシャーモバシャーモナイト

155-212-100-*-101-167

フレアドライブ/跳び膝蹴り/バトンタッチ/守る

 

 

 

メモ書き程度で

 

 

 

カバルドン

ランドロスでない理由は氷技を4倍で受けない点、リザードンXに繰り出す際に瞬間的な回復ソースを持つ点、とりあえずで打っても腐ることが少ない技を持つ点などさまざま

守るはテッカグヤの毒とのシナジートリックルーム展開への耐性として入れたけれど、スリップダメージ込みで落ちることを理由に削りにきたり、たとえば残数2体になった際に役割対象(半分くらいHPが残っていれば受け切れる)から非役割対象への交代にかけて欠伸を入れたターンに、非役割対象を目の前にしてもう一度欠伸や裏への交代ではなく守ることでほとんど何をされてもかなり安全に勝てるようになる(残数は2対2でも1ターン分の釘付けができるから、カバルドン目線の非役割対象を削る手段が十分にあるならば実質的には3対2で戦えるようになる)のがかなり使いやすかった

欠伸+守るの強みは机上だとイメージしにくいけれど、使ってみてはじめて理解できるものだと感じた

 

 

ライボルト

威嚇を撒きながら厄介なメガの上を取れるのがかなり便利

ポリゴン2を誘うからメガ前の特性は避雷針ではなく静電気、端数はD>B

メガクチートを落とせるオーバーヒート

 

 

テッカグヤ

エスパー技を1/2で抑えながらカバルドンが対面してもライボルトも出しにくいような幅広い特殊決定力に雑に出せるHD、誘う炎を削れる毒

カミツルギが焼ける放射はガブリアスの身代わりを壊せてテテフミミッキュに打てるヘビーボンバーにできるほうが本当は強いけれど、慎重個体を持っていなかった

 

 

カプ・レヒレ

ライボルト軸で動くと相手のカバルドンが面倒になるから、欠伸ループを阻害しながら遂行までこなせる役としての採用

 

サイクルを回していくには取り巻きに目立った決定力もなく回復ソースも限られるから崩しを速める型 キノガッサが抜けるのがすごく大きい

指数受けを崩しやすい瞑想+挑発

メガバンギラスやメガギャラドスの前で打てるリフレクター、バトン展開を苦にしない黒い霧も候補

 

 

ミミッキュ

ここまででマンムー絡みの並びが重いから偶発で打てる鬼火

ウルガモスを殴るゴーストZ、オニゴーリや身代わりスイクンをなんとかする呪い、ポリゴンZ絡みの並びに出していく際にカバルドンが出てくるタイミングに怯えずに済む挑発

 

 

バシャーモ

変えるならこの枠

リザードンXも試したけどどっちにしても出さないからよく分からなかった

 

 

 

 

 

コケコを久しぶりに使ってみるとナットレイ絡みの並びが面倒だったから、ナットレイを苦にしないメガライボルトが使ってみたくて組んだ

当日組んだものにしてはかなり感触がよかったから、もう少し練ってみてもいいかもしれない

 

マンムー絡み、ポリゴンZ絡み、雨ラグラージ絡みがかなり面倒

あと受け回しが崩せないからミミッキュバシャーモレヒレあたりの枠で何か工夫が欲しい

 

 

 

 

 

.