シーズン4雑感

 

 

 

・草タイプの見た目オタク率やばくね?(ジャローダとかキノガッサは正統派イケメンっぽいけれど、メガフシギバナとかメガユキノオーとかカットロトムとかモロバレルとかナットレイとかまじでほんとにいる感じのオタクにしか見えない、エルフーンはかわいいけどこの流れだとオタサーの姫になりそう、メガジュカインは完全にイキりオタク)

 

 

・殴るメガバシャーモはともかく、バトンメガバシャーモにはちょっと可能性ある気がする(耐久振りでも単体性能に優劣をつけにくいせいでラス1で残ろうが動けそうなのが稀、メガの仕様変更で初速があるのがかなり響く気がする)

 

 

・コケコの強い型が以前よりも謎になってきた(電気Zが最強だとは思うけれど、こいつ自体が脆いのと、無効化される可能性が高めなZを使うのが下手すぎて、ちゃんと決まる局面が相手が弱いケースにしかないように感じる、蜻蛉返りやボルトチェンジミミッキュを出されるタイミングに依存がないことが一番のヒントになる気がする)

 

 

・バトン展開への回答は専ら吠える要員+ミミッキュか黒い霧(受け回し、草タイプ、オニゴーリなど、これから開拓されそうな並び、これまであった並びの両方に滅びゲンガーが強めなのもあって、このあたりにはもう少し開拓の種がありそう、トリル使うやつは基本的に顔がキモいし、先祖が高確率で下剋上を謀る農民かなんかだと思う)

 

 

・抜きエース以上にストッパーが優秀なサイクル優位気味の環境下で、構築内で特定の無効耐性を過剰に意識しすぎると何かしらが欠けてくるから、ゴースト無効のポリゴン2は以前よりも使いやすいと思う(これまでの不特定多数に対して打ち合えるという考え方は基本的に弱かったけれど、指数と耐性の兼ね合いが個々で完結するような-一方通行になりにくいような-受けを意識しすぎると、展開に強いミミッキュやサイクルに強い催眠術ゲンガーのいずれかを出されるタイミングとの両立が難しくなるから、パワーのある軸が無理な範囲にだけ、という決め打ちであれば少々の妥協はあるものの結果的に安定はする)

 

 

ミミッキュは強みが化けの皮依存だからサイクルに入らないらしいけれど、サイクルを1体で見てくるようなポケモン(霊獣ボルトロス、催眠術ゲンガー)を並べるような選出をされたらステロ+舞で全抜きできることがたまにあるのもまじだから、ちゃんと組めるなら別にアンチシナジーではない気がする(むしろテッカグヤみたいなのとの並びを見ただけでいろいろ決めきるほうがやばい)

 

 

・霊獣ランドロスには稀な性能があるけれど、配分や役割を絞っても決め打ちが難しく、立ち回りにアドリブが増えることが多くあるから評価はそんなに高くない(指数が威嚇依存、強みが交代依存だから、パラメータインフレ下-シングルバトルのダブルバトル化-ではクッションという考え方自体は当然のように理にかなってはいるけれど、あくまでシングルバトルというカテゴリーで見ると削りと後出しが中途半端になりがちで、ちょっとかわいそうな性質をしている)

 

 

ゴツゴツメットクレセリアは使ってみると弱いと感じたことは特にないけれど、ラス1に残っても数値だけで勝てるみたいな相対的な強さすら他の物理受けと比較してもなお仮想敵になるレベルの物理決定力の数の少なさ、ミミッキュが出てくるタイミングと取り巻き次第で否定できるから、使うならなるべく三日月の舞を入れたい(というか入れないなら使う意味がほとんどない気もする)

 

 

・千寿ムラマサはノーパンらしいから、ナプキンもタンポンもしてない場合、思春期特有の生理不順に裏切られて、不意の経血を着物にぶちまけて涙を呑む日がいつかくると思う

 

 

 

 

 

.