読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーズン3雑感

 

 

 

他のゲームやってて序盤は時間取れなかったからシーズン通しで

 

 

 

カバルドンがめちゃくちゃ強い(最強の岩技による決定力の充填、不特定多数への究極の一貫行動になる欠伸、行動に必要最低限の耐久、起点回避の吹き飛ばし、指数も範囲も生半可なアタッカーが詰む怠けるなどできることすべてがあらゆるカテゴリーの中で上位で強い)

 

 ・一部から反感を買いそうだけど、個人的に現段階で使われると強いのに使うとそうでもない枠の筆頭がスカーフテテフ(強みを活かす型なのか弱みを補う型なのかがはっきりしない、回答に鋼っていう発想から離れるのは大いにアリだけど、フェアリーの範囲がズルすぎて鋼から離れられない、実際には鋼への役割破壊になる型は汎用性が落ちるからスカーフが相対的に弱いわけがない)

 

 ・ミミッキュは技構成や配分での開拓がこれ以上できるのか謎(強いていうならカバルドンと戦える挑発持ち、レッドカードみたいな沸いた持ち物でも開拓になるかは怪しい)

 

 ・ギルガルドの強みはテテフのスカーフが多いこと、メガガルーラや瞬間火力が出る型の地面、炎が減って役割対象にできるポケモンが増えたことによる相対的なものではあるけれど、Zが受かるポケモン自体が少ないのもあって変なポケモンに対する安定感もそこそこにはある(ドサイドンといいカイリューといい、弱点保険が強いポケモンのZは強い説ある気がする)

 

 ・ガルーラの強い使い方って果たしてあるのか(すべての技と配分を考慮したときの打ち合える範囲の広さ、可能性はもちろん、パーティ本位的な選択肢の幅は相変わらず広いから、補完として上手く入るなら巷で受けている評価以上にはやれそう)

 

 ・ウルガモスがもうちょっと開拓できそう(アッキやゴツメは単体としてはそこそこ理にかなってるけど、確か典型的な強みは前作のガルーラガルーラ対面でのそこそこ安定した引き先というだけで、現状そこまで消去法で強い型かどうかは謎)

 

 ・シーズン1のときは炎が沸いてボルトがまだ強いならすぐ消えると思ってたのに、ステロとテテフのせいで結局テッカグヤもまあまあやばい(宿り木は顔キモいしZとかワンパンの範囲狭くてクソ弱いと思ってたけど、実際には宿り木身代わりが中々止まらないし内心バカにしてた竜舞も相手にしたら普通に強くて困る)

 

 ・自然の怒りって技の使い道はまだまだ開拓できそう(具体的には受け回しに入るカプ種が持ってると厄介な気がする、ウェポンが余ればいいけど中々そんなことはない)

 

 ・現段階で最強の悪タイプ-マシな悪タイプ- がメガサメハダー説ある(ガルーラよりは強いらしい、メタグロスのときもマシな鋼ってカテゴリーでこういう考え方した気がする、他にも既存のものに対する消去法は配分や技構成をともかくにする以前よりも採用するポケモン、持たせる持ち物など俯瞰されたカテゴリーに多くあって、典型的な開拓や抽出法が少なくなっているのは単にカードプールが要因で合ってるのかもあんまりよく分からない)

 

 ・受け回しの崩し方がまだよく分かってない(受け駒と取り巻きのスカーフゲッコウガ、スカーフテテフあたりの速いやつにも隙を見せない崩し、もしくはムーブが少ない、ミミッキュが弱くなりにくい以上は少なくともこれまで同様の隙間産業どころじゃないと思う)

 

 ・カバルドンの取り巻きに呪いミミッキュゲッコウガがまだ一定数いる以上ポリゴン2はそこそこにはやれると思う(単ノーマルはメガメタグロス以外の鋼、テテフと並びがちなポケモンがどれだけ開拓されるかにもよる、トリルの他に毒も一貫しやすくて強いけど-あくまで~よりはマシというニュアンスで- 、耐久振り毒再生の評価は採用の理由を見てしまうとそれほど高くない -後ろ向きになりがちなポケモンほど局面ごとの動きを細かく煮詰めるとそれ他のポケモンでもよくない?ってなることが多くあるから-)

 

 ・受け回しが減らない以上トリルはゴミ構築(正確にはトリル下で動けるやつらの単体性能が落ちがちな傾向がゴミで、テテフとC振りヤドランはトリルに依存しない強みがきちんとあって、なおかつ戦術の弱点がいい感じに埋められてはいた)

 

 

 

 

 

.