ガブバシャミミッキュ

 

 

 

ガブリアス@気合いの襷 もしくはヤチェの実

187-169-125-*-106-169
地震/岩石封じ/ステルスロック/吠える

 

バシャーモ@命の珠
155-176-90-148-81-127
フレアドライブ/跳び膝蹴り/めざめるパワー氷/守る

 

ミミッキュ@フェアリーZ もしくはゴーストZ
131-156-100-*-125-148
シャドークロー/戯れつく/剣の舞/影打ち

 

 

 

メガ軽視の風潮もあって、実際に考えてみても強いメガに迷走しながら組んでいたシーズン序盤に軸としてずっと使っていた並び

誰でも思いつくような並びだけど、勝ち筋は単純かつ強力で、困ったら出す感じでも通用する構築は少なくなかった


レートは150戦くらいやって2000まではいったけど、9割命中の技をほぼ毎試合2回~3回は打つのと、組んだ取り巻きが選出に頭を使う並びだったのもあって2000帯が安定しない時間がすごく長かった


以下が個々の配分の意図と簡単な備考

 

 

 

ガブリアス@気合いの襷 もしくはヤチェの実
187-169-125-*-106-169
地震/岩石封じ/ステルスロック/吠える


A: 鮫肌2回+地震で131-100ミミッキュが1発(88%程度)
H-B: A156ミミッキュの戯れつく+影打ちを耐え
H-D: C187ウルガモスの+1珠めざ氷をヤチェ込み耐え
S: 最速

 

リザードンを見て出し負けず、挑発を打たれにくいステルスロック要員

リザードンはXY両方ともステロを入れてしまえばバシャーモの膝、ボーマンダもよほど振っていなければめざ氷で落とせるようになる

 

ミミッキュに対しては地震(封じ)→ステロの動きができればベストではあるけれど、初手に出てくるならば皮を剥がせばバシャーモが通りやすいことが多いのと、裏に置くポケモンによってはZを使わせることが大きく響くから、襷を持つのであれば不利ではあるけれど致命的な対面ではない


カバルドンと違う点は速いから不特定多数に対してある程度の削りができること、霊獣ランドロスと違う点は吠えるが使えること

 

カバルドンの欠伸ループを大爆発で抜けられて、ミミッキュガブリアスに一度後出しができるという理由で霊獣ランドロスを使っていた時期もあったけど、吠えるによって不意のバトン展開、壁展開が自然と対策できたり、ジャローダ以外のリザードン絡みの並びに初手が安定することが多いのと、クレセリア絡みの並びの取り巻きのウルガモスキノガッサを見てステロで崩す際にガルーラより速いことはすごく大きい

 

 

 

バシャーモ@命の珠
155-176-90-148-81-127
フレアドライブ/跳び膝蹴り/めざめるパワー氷/守る


A: 余り(175-101カプ・テテフに対してステロ+フレアドライブが174~程度)
C: 183-105ガブリアスをステロ込みめざめるパワー氷で確定(183-106が88%程度)
S: +1で最速メガボーマンダ抜き、+2で最速スカーフガブリアス抜き

 

炎技はこのラインのCでH振り程度のギルガルドが落ちるからオーバーヒートを持ってもいいけれど、落とせる範囲は物理技を持つほうが広いのと、複数体に対して打つ際に下降のせいで炎技での処理、めざ氷での処理が必要な局面で打てないのを嫌ってフレアドライブ

何度かサイクルが回せる取り巻きと組ませたり、ギルガルダーとの択にしたくなかったり、ゴツメジャローダを重めに見るのであればオーバーヒートでもいい

 

Cは149とで相手の端数振りによって乱数が変わってしまうから細かく見るならそちらのほうがいい(ここに設定しているのは数値が美しいから、不特定多数に対して物理技を打つ機会のほうが多いからというだけで、具体的な理由はない)


無効耐性が火傷にしかないから後出しはしにくく、裏のミミッキュも繰り出せなくはないけれど引くのが悪手になりがちだから、難しい並びを見てしまうと扱いが難しいと感じることはそこそこある

ただこのポケモン自体がメガでもZでもないのもあって、たとえばガルーラ+バシャーモ+ミミッキュのような選出をする場合は取り巻き本位的に動くことも選択肢としてはあって、向こう側からしたら脅威でしかないポケモンを切っていく選択肢が持てるということはそれだけ相手よりも対戦全体を俯瞰して見ることに繋がるため、前向きな展開をしながらバトンほどの重い役割を持たせない命の珠型は個人的にすごく好み

 

 

 

ミミッキュ@フェアリーZ もしくはゴーストZ
131-156-100-*-125-148
シャドークロー/戯れつく/剣の舞/影打ち


A: 最大
+2Z戯れつく+ステロで177-183レヒレを1発(ステロなしで12/16)
+4Z戯れつくで192-156輝石ポリゴン2を確定

+4Zシャドークローで187-192メガフシギバナを確定
+4シャドークローで172-211エアームドを2発

S: 準速

 

崩したいことが多い指数受けへのダメージをいくつか書いておいた

フェアリーZはレヒレ、+1状態で大抵の霊獣ランドロスを縛るように持たせていたけれど、パーティでフシギバナテッカグヤナットレイなどの鋼に対する役割集中での処理を優先するようであればゴーストZという感じ

 

バシャーモと組ませたときの呪い型は少し使いにくかったからそれはまた違う並びで考えたい

 

 

 

残りはミミッキュ+ガルーラやミミッキュ+レヒレのようなバシャーモミミッキュが両方止まる並び、先に1体~2体を簡単に切ってしまうクレセリア絡みの並び、カバルドン展開(欠伸の一貫)、メガギャラドス絡みの並び、ナットレイ+レヒレのような並びを崩していける駒が好ましい

 

 

 

 

 

.