読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーズン2雑感

 

 

・ガルーラの技範囲はかなり自由(ナットレイがうざいから炎技、ボーマンダや初手のステロ撒きが面倒だから氷技など、不意で縛れる範囲が減ったせいでグロウがゲンガーの催眠術のようにケース別に消去法で通る範囲がぶっちゃけあまりない気がする、ただしテテフを対面から縛る、相手のガルーラを後続の圏内に入れるには捨て身がほぼ要る、バシャーモを分からせる身代わりのスペースが果たしてあるのか)


カバルドンへの回答が全体的に少ない(回答の定義が広いせいで初手に有利なポケモンを置くのはじゃんけんになりがちだから取り巻きに対して後出しで間に合うようにするか欠伸の一貫を切る考え方をしたい)


・バトン展開への回答が全体的に少ない(挑発が自然に使えるポケモンが軒並み初手のコケコとガルーラの両方に強くないためなるべく吠えるで考えたい、ファイアローが廃棄寸前の焼き鳥と化している、カバルドンは取り巻きが専用になってくるからバリエーションがあまりなくていろいろ難しい、スイクンは自然だけど吠えるを入れると隙を見せる範囲が広くなる)


・テッカグヤの宿り木身代わり型が頭の中でまあまあ強い(やるならパルシェンが殴れてカプ種に隙を見せず宿り木が通らない範囲を殴れるラスターカノンワンウェポン+イアの実がよさそう)


・ミミッキュはやっぱ強い(できることは豊富でもファイアローと違って型ごとにでも処理ルートが一貫しやすいのに引かざるを得ない、絶対に打ち合えない相手を作らない特性のせいでとりあえずで出しても腐ることがない、やっぱり新作で出たポケモンは積極的に採用したほうがいいのかもしれない)


・メガフシギバナへの回答が全体的に少ない(ただ組もうとはとても思えない、どうでもいいけどフシギバナ1体いるだけでパーティの貴公子感やばい)


・毒々ボルトロスが本気出したらやばそう(具体的には毒菱が通る構築がまあまあある、最近のこいつはミミッキュより速いんだろうか)


・相手のパルシェンが厳しくなりがち(新しく出てきたやつらの強みのせいで、今いる鋼が採用にあたって決して小さくない何かしらの隙を見せがち)


ステルスロックリザードンや襷を持って2体使わせがちなキノガッサパルシェンに対して便利で、うまく組み込めばかなり強そう(ステロ吠えるはバトン展開が自然に対策できる)


・トリルはいろいろ考えるとまだやれそう(要員はミミッキュ、クレセリアドータクン、ゲンガーあたり?エースはブルル、テテフ、ドサイドンあたり 自然な形で組むのが難しそう)


パルシェンに隙を見せないステロ要員、テテフにトリルで切り返せるドータクンはもしかして強い?(同じタイプのメガメタグロスは後から入ってどこまで機能するのかになってきそう)


クレセリアうざいから死んでほしい ナットレイはなんか舞ってたら勝てるからそのままでもいい

 


数ヶ月暇ではあるけどなんかゲームにそこまで時間使えるかが謎っぽいからそろそろこの辺から消去法で決めていきたい