本位性で意表を突くのか 匿名性で意表を突くのか

 

 

 

 

 

本位性で意表を突く: 目の前のポケモンへの遂行を考慮しても安全択になりやすく(汎用性を落とさずに仮想敵を変えやすく)、ガブリアスを最小限の接触で縛る秘密の力+不意打ちメガガルーラの例

 

匿名性で意表を突く: 構築単位で初手に誘いやすいカイリューや化身ボルトロスをスカーフパルシェンで倒す例(専用性の高さを利用して仮想敵への遂行の決めやすさに特化している)

 

 

 

 

 

まだ今作の環境が固まってないのと単純に他に極端な例が思いつかなかったから、比較している世代がそれぞれ違うのは許してください

知らない人のために注意しておくと、カイリューボルトロスを狩るスカーフパルシェンはBW期の雨パーティでよくあったものです(あくまで例えであって今使っても明らかに弱いです)

 

 

何が違うのかというと、メガガルーラの場合は秘密の力という選択肢以上に数値が高いから(本位性が高いから)こそ秘密の力程度の技の威力でも結果的に汎用性を落とさなかった(強みが単体で完結している)という点に対して、
パルシェンは普通に積むにしても取り巻きがいてはじめて強みを発揮できるほどのスペックでも、個のスペックが尖っているため処理が急がれやすく、結果的にそれが取り巻きを通す要因になっている(強みが組織で完結している)という点

 

 

加えて、本位性で意表を突く例は初見だとなぜ負けたのかが分からない場合が多く、匿名性で意表を突く例は初見でもなぜ負けたのかがはっきりする

 

 

匿名性で意表を突くのは構築単位まで俯瞰されていて爆発力があるかもしれないけれど、少なくとも組織で考えなければならない以上は構築毎にやっていると疲れるはず(今作はZ技のせいでその手間も軽いといえば軽いけれど)

 

 

本位性で意表を突く際に補完としてそういう匿名性がある分には構わないけれど、あんまりイケイケのゴリゴリにそういう要素ばかり入れまくっても空回りすることがあるのは、戦略の段階で匿名性への苦労が若干減った今作の環境下では特に頭の片隅にでも入れておくといいと思う(弱めの単体の強い型に認知がないケースは取り巻きへの迷惑がかかっていないことが多いため例外)

 

 

 

 

 

.