読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トップ記事

 

 

 

 

 

 リニューアルしました

 シングルメインでポケモンしてます

 

 

とぱーず、みならゐ魔法使い、山茶花、マジカル手淫、やまちゃか、長く使っている名前がいろいろありますがすべて同一人物です

 

 

オフ会で当たった記憶のある方、大会やレートで当たった記憶のある方、偶然に通りがかった方、興味があればどうぞ

 

 

@Tqa_Noir

Twitterのアカウントを作り直したので、以前相互だった方は気軽にフォローください 新規の方も歓迎です

 

 

 

 

 

.

カバルドン

 

 

 

ゴツゴツメット
215-132-170-*-108-67
地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

 

 

H-B

A156ミミッキュの舞Z戯れつくを耐え ~214

A197メガメタグロスの冷凍パンチを2耐え ~204

 

H-D

C222ギルガルドのZシャドーボールが ~219(14/16)

C244メガゲンガーの異常祟り目を耐え ~196

C222メガゲンガーの異常祟り目が ~178 +火傷ダメージ3回を耐え(15/16)

C211メガリザードンYの晴れ大文字が ~216(15/16)

 

 

現状強いゴーストほとんどの前で動けるからワンパンは避けるライン、結果的に初心者振りになってしまった

 

215-132-167-*-111-67だと特殊方面の惜しい乱数が確定耐えになるけれど、最悪動けるというだけでこの辺の特殊方面を見てわざわざ自信満々に出すことがないのと、細かい優劣に関しては型や相手の認識によって行動が変わることも大いにあるから、よく投げる物理方面の確定耐えのほうが需要は高い

 

個人的には怠けるを入れるなら特化、吹き飛ばしなら調整振り

 

 

 

.

シーズン3雑感

 

 

 

他のゲームやってて序盤は時間取れなかったからシーズン通しで

 

 

 

カバルドンがめちゃくちゃ強い(最強の岩技による決定力の充填、不特定多数への究極の一貫行動になる欠伸、行動に必要最低限の耐久、起点回避の吹き飛ばし、指数も範囲も生半可なアタッカーが詰む怠けるなどできることすべてがあらゆるカテゴリーの中で上位で強い)

 

 ・一部から反感を買いそうだけど、個人的に現段階で使われると強いのに使うとそうでもない枠の筆頭がスカーフテテフ(強みを活かす型なのか弱みを補う型なのかがはっきりしない、回答に鋼っていう発想から離れるのは大いにアリだけど、フェアリーの範囲がズルすぎて鋼から離れられない、実際には鋼への役割破壊になる型は汎用性が落ちるからスカーフが相対的に弱いわけがない)

 

 ・ミミッキュは技構成や配分での開拓がこれ以上できるのか謎(強いていうならカバルドンと戦える挑発持ち、レッドカードみたいな沸いた持ち物でも開拓になるかは怪しい)

 

 ・ギルガルドの強みはテテフのスカーフが多いこと、メガガルーラや瞬間火力が出る型の地面、炎が減って役割対象にできるポケモンが増えたことによる相対的なものではあるけれど、Zが受かるポケモン自体が少ないのもあって変なポケモンに対する安定感もそこそこにはある(ドサイドンといいカイリューといい、弱点保険が強いポケモンのZは強い説ある気がする)

 

 ・ガルーラの強い使い方って果たしてあるのか(すべての技と配分を考慮したときの打ち合える範囲の広さ、可能性はもちろん、パーティ本位的な選択肢の幅は相変わらず広いから、補完として上手く入るなら巷で受けている評価以上にはやれそう)

 

 ・ウルガモスがもうちょっと開拓できそう(アッキやゴツメは単体としてはそこそこ理にかなってるけど、確か典型的な強みは前作のガルーラガルーラ対面でのそこそこ安定した引き先というだけで、現状そこまで消去法で強い型かどうかは謎)

 

 ・シーズン1のときは炎が沸いてボルトがまだ強いならすぐ消えると思ってたのに、ステロとテテフのせいで結局テッカグヤもまあまあやばい(宿り木は顔キモいしZとかワンパンの範囲狭くてクソ弱いと思ってたけど、実際には宿り木身代わりが中々止まらないし内心バカにしてた竜舞も相手にしたら普通に強くて困る)

 

 ・自然の怒りって技の使い道はまだまだ開拓できそう(具体的には受け回しに入るカプ種が持ってると厄介な気がする、ウェポンが余ればいいけど中々そんなことはない)

 

 ・現段階で最強の悪タイプ-マシな悪タイプ- がメガサメハダー説ある(ガルーラよりは強いらしい、メタグロスのときもマシな鋼ってカテゴリーでこういう考え方した気がする、他にも既存のものに対する消去法は配分や技構成をともかくにする以前よりも採用するポケモン、持たせる持ち物など俯瞰されたカテゴリーに多くあって、典型的な開拓や抽出法が少なくなっているのは単にカードプールが要因で合ってるのかもあんまりよく分からない)

 

 ・受け回しの崩し方がまだよく分かってない(受け駒と取り巻きのスカーフゲッコウガ、スカーフテテフあたりの速いやつにも隙を見せない崩し、もしくはムーブが少ない、ミミッキュが弱くなりにくい以上は少なくともこれまで同様の隙間産業どころじゃないと思う)

 

 ・カバルドンの取り巻きに呪いミミッキュゲッコウガがまだ一定数いる以上ポリゴン2はそこそこにはやれると思う(単ノーマルはメガメタグロス以外の鋼、テテフと並びがちなポケモンがどれだけ開拓されるかにもよる、トリルの他に毒も一貫しやすくて強いけど-あくまで~よりはマシというニュアンスで- 、耐久振り毒再生の評価は採用の理由を見てしまうとそれほど高くない -後ろ向きになりがちなポケモンほど局面ごとの動きを細かく煮詰めるとそれ他のポケモンでもよくない?ってなることが多くあるから-)

 

 ・受け回しが減らない以上トリルはゴミ構築(正確にはトリル下で動けるやつらの単体性能が落ちがちな傾向がゴミで、テテフとC振りヤドランはトリルに依存しない強みがきちんとあって、なおかつ戦術の弱点がいい感じに埋められてはいた)

 

 

 

 

 

.

決定力・クッション・崩し

 

 

 

この記事リスペクト

 

三要素のすくみと優劣はZのせいでケースバイケースになってるとは思うけれど、度重なるパラメータインフレによって先に1体を落とすこと、落とされないことが重要になりがちで、単体のみで何体も持っていくことを主眼とする戦術が淘汰されつつあるのは変わらないから、この戦術サンプルが理にかなっていてすごく強いように感じる

 

 

高い素早さや決定力、豊富な耐性や数値、特性などの要因から不特定多数のポケモンの前で行動ができて、それに伴う1対1の状況で勝てる可能性の高さ、勝てる範囲の広さ、伴い牽制、複数体を持っていく総合的な可能性の高さを単体性能と定義したときに、

ここでいう決定力や崩しの役割になりやすいポケモンは単体性能がある程度高いことが多いけれど、単体性能が高まるという状態はそれに応じて相手のワンパンで沈む範囲を少なからず持つということにもなりがちで(特にZ技の存在で)、個が持つ優劣、純粋な単体性能でのせめぎ合いには当然のように限界が生じる

 

そんな中で交代を拒むようであればそれに応じた選出の難易度や、勝ち筋や負け筋に対する想像力のハードル、経験則によるハードルも当然のように上がってくるわけで、それこそカードプールが増えてしまえばどちらが相手に依存しているのか、相手を信用している戦術かどうかなんてものは実際には分かったものでもなかったりもする(もちろん絶対的な強みと言っていいほどの性能を持つポケモンが存在する環境なら話は違うけれど、Z技の存在はそのあたりの優劣をことごとく潰していることもまた事実ではある)

 

 

そこでより単純に、簡単に考えるためにクッションに引くという選択肢は『Z技が存在するからこそ』出てくるけれど、

『目の前のポケモンに突っ張られても引かれても一貫しやすい行動(安全行動でも安定行動でもある行動)をクッションが取れる』という状態は相変わらずめちゃくちゃ強い

 

一番強い例はカバルドンの欠伸で、これよりきれいな例は正直これから先で見つかる気がしないけれど、他に例を出すとクレセリアの毒々、耐久振り化身ボルトロスボルトチェンジ(不特定多数の前で打てる電磁波の牽制)、チョッキ霊獣ランドロスの蜻蛉帰り(不特定多数に一貫しやすい岩石封じ、叩き落とすの牽制)などが過去にはあった

 

 

いずれも、安全行動でも安定行動でもあり、目の前のポケモン、交代先のポケモンに一貫しやすい変化技や先制技(テテフの影響で先制技は怪しいけれど)、もしくは高い決定力やストッパーになりやすい性能によって、不特定多数の1体を間接的に持っていく手段があること(これまでだとステルスロック+ハッサムバレットパンチクレセリアの毒々+メガガルーラ猫騙しなど)、

またそのせいで想定しにくいポケモン、想定しにくい型に対して(変なポケモンに対して)総じて強く、深く考えずに動かしても完敗は珍しくなるだけの安定感があること(勝利への再現性の取りやすさ)がなるべく簡単に勝っていくための条件の一例だと思う(力を入れずに力を使うということ)

 

 

最近はクッションが持つ一貫行動にトリックルームを選ぶ形をいくつか考えていたけれど、トリル下で動けるような取り巻きが不特定多数の状況下で単体性能を落とさないというケースがそもそも限られてしまっていて、そのあたりを戦略的に克服するのがすごく難しかった(悪くない条件で満たせるのがHB配分の眼鏡テテフくらいだった)

 

昨今は単体考察のような後方支援的な単体でのサンプルに目新しいものがZ技の存在もあって生まれにくいから、そろそろ俯瞰してこういう組織、複数体での戦術サンプルに目を向けて、新たな定義を作っていくのもおもしろいと思う(もちろんどこの誰が見ても分かるような、対戦経験やリテラシーを問わないような顕在的な定義ではない以上は難しさが多々あって現実的ではないけれど)

 

 

 

 

 

.

ブルルドランドラン

 

 

 

カプ・ブルル@拘り鉢巻

177-166-136-*-146-96
ウッドホーン/馬鹿力/岩雪崩/空元気

ヒードラン@鋼Z
183-*-127-198-127-114
マグマストーム/ラスターカノン/岩石封じ/挑発

ヤドラン@ヤドランナイト
201-*-203-198-101-51
サイコキネシス/冷凍ビーム/火炎放射/トリックルーム

 

 

 

ルルドランでバシャーモルカリオがまずやばいから止められて、ゲンガー取り巻きにも回答が持てそうな切り返しにトリックルームヤドラン

 

ブルルは火力過剰なのと、有利対面でもどうせウッドホーンしか打てないから(確定数も変わらないから)、C200テテフの非フィールドサイコキネシス2耐えができるHD配分
もしかしたらA振ってウッドハンマー入れたほうがいいかも?(一応ないとカバルドンが落とせないのと、崩しにくる無振りのメガゲンガーとか霊獣ボルトロスとかバシャーモが鉢巻ウッドハンマーで飛ぶ)

補正あり4振りのフィールド鉢巻ウッドホーンがA189ガルーラの親子愛捨て身と確かほぼ同じくらいの火力(H振りテテフがワンパンくらい)

 

そんなに強くはなさそう

 

 

 

 

 

.

飛行Z霊獣ランドロス

 

 

 

@飛行Z

165-197-110-*-100-157
165-216-110-*-100-143
地震/空を飛ぶ/岩石封じ/剣の舞


選択: 馬鹿力、叩き落とす、撃ち落とす、身代わり

 


A197~

Z空を飛ぶでB116ガブリアスに168~
Z空を飛ぶでB151カミツルギに129~

+1Z空を飛ぶでB155霊獣ランドロスに187~
+2Z空を飛ぶでB201ナットレイを確定(193~)
+2Z空を飛ぶでB187カバルドンに208~(13/16)

 

A216~

Z空を飛ぶで183-116ガブリアスを確定(184~)
Z空を飛ぶでB120テテフを確定(178~)
-1岩石封じ(メガ前)→-1Z空を飛ぶ(メガ後)で171-129(171-99)ギャラドスが確定(177~)
+2Z空を飛ぶでB189クレセリア226~(15/16)

 


Sがかなり欲しいラインだけど陽気だと火力が微妙に足りないから意地が基本かも

地震を透かしに誘う飛行タイプに封じがきれいに刺さる局面は多くあるけれど、その認識で出てくる水タイプや草タイプ、対面から封じや地震を耐えてくる炎タイプがこれで殴り倒せる

一昔前はこいつやクレセリアを採用するのは勝つ気がないとまで言わせていたから、少なからず自分の中にもあるであろうそういう観念を追い出すことでこれからの世代に適応した経験則を身につけていきたい


あとあんま考えてないけどこいつに撃ち落とすを入れると今いる受け回しがだいたいこいつで死にそうな顔してるから、受け崩しのウェポンで専用に考えてみるのも割とアリかも

 

 

 

 

 

.

カバリザテテフ

 


カバルドンゴツゴツメット
215-132-187-*-93-67
地震/欠伸/守る/怠ける

リザードンリザードナイトY
183-*-115-211-106-125
オーバーヒート/ソーラービーム/めざめるパワー氷/火炎放射

カプ・テテフ@拘りスカーフ
157-*-96-187-136-147
サイコキネシス/ムーンフォース/めざめるパワー炎/サイコショック

 

 

 

戦術的には裏のミミッキュを絡めて出すことが多くパターンの自由度が高いからこの3体のみでの基準はあまりなかったけれど、戦略的にはバンドリラティやガルガブアローと同じ匂いがした


それぞれリザードンカバルドン、テテフが決定力+クッション+崩しで構成されていて、個々がそれぞれオーバーヒート、欠伸、サイコキネシスなど一貫性が高く不特定多数に対する安全行動になりやすいウェポンを持っていて(受けられるポケモンが極めて限られるウェポンを持っていて)、打つことに一定のリスクを追わせる何かしらの無効耐性を持っているから、釣り交換や交代読みの一撃などの相手の不安定行動に一定のリスクが伴う≒勝利への再現性の取りやすさに繋がる


こういう並びになるべく気づけるようになりたい
それもたまたま得意な構築だったからとかではなく、それも誰が見てもわかるような顕在的なところからではなくて、もっと奥が深く影の薄いところからサンプルを見つけ出して、なるべく自分のやり方で煮詰めてみたい

 

 

 

 

 

.